投資信託のキホンまとめ

 

投資信託の運用で知っておくべき仕組みまとめ

投資はまとまったお金がないとできないと思いがちなのが、積立て投資信託のおかげで数千円からでも投資できるようになりました。定期預金のような感覚で投資に参加できるんです。ただ、ラインナップが多数あって初心者では自分に合ったものを

選びきれないのが弱点です。今回はその投資信託の入門編として仕組みなどをご紹介します。

投資信託とは、みなさんからのお金を投資会社(ファンド)が取りまとめて運用していきます。投資する先は、株式、不動産、債権などがあります。投資会社は”運用方針”に基づいて投資先や比率などを色々組み合わせて、それをプラン(パッケージ商品)として販売しています。それは多数あるので、投資家はその中から自分がこうやって投資したいなと思ったものを選んだら良いだけです。パッケージの商品として購入することで、素人の私たち個人が運用していくよりも効率よく投資できるんですよね。

投資信託って一つじゃない!?多様な品揃え

そして、一言で”投資信託”と言っても、先ほどお話ししたように、その中にはいろんな組み合わせ・投資目標によるパッケージ商品が準備されています。
簡単にそれらの分類区分として、

1.投資対象

国内か外国か。株式か債権か。それらを組み合わせた場合、何%ごとに投資していくかといったことです。

2.運用方針

日経平均株価やTOPIXなどの株価指数と同じ値動きを目指す”インデックス型(パッシブ型)”か。市場平均よりも良いリターンを得るように、銘柄選択や投資手法などを独自に組み合わせた”アクティブ型”か。

分散投資(「ポートフォリオ」)

資産運用の鉄則として、単一の資産に全額投資をしてしまうと、将来相場が大暴落したとき、大損害を引き起こします。せっかくコツコツ貯めた資産を失わないために複数の資産に分散して投資をすることをポートフォリオと言います。
投資信託の中だけでも、日本/外国株式、日本/外国債権 など組み入れていますので、そこがポイントです。

単利と複利

同じ元金でも金利次第で将来もらえるトータルのお金が大きく違ってしまいます。その一つとして、単利と複利という利息の違いがあります。
例えば元金が500万円として、年利率3% (0.03) 10年間毎年運用した場合 のトータルは、

単利だと、500万円×(1+(0.03×10))=650万円
複利だと、500万円×(1+0.03)10672万円

同じ期間なのに、4万円も差が出ます。

複利は、全体の金額(元金+発生した利息)に対して利率をかけて運用するので、これが長い期間になるともっと大きな結果を出すことが見て取れますね。それだけ複利は重要なのです。

「ドルコスト平均法」

一定の金額(円)で、株式や為替などを継続的に購入すしていく手法です。

例えば、毎月5,000円分の日本株式を購入し続けていくことにします。前月は10株買えていたとしても、今月同じ銘柄でも8株しか買えないかもしれません。そして来月は12株・・・。こんな感じで購入し続けるんですが、最終的に売り切る際はそれまで購入した株価の平均値を出すことで、売る際の判断基準にしやすいというのがこの手法です。

もちろん、毎購入時点で獲得できる株数や通貨の数量が増減してしまい、一喜一憂してしまうでしょうが、毎度単発で売り買いするより手間が省ける・初心者でも取り組みやすい・平均値よりも高い金額で決済すれば総合的に利益確定できる、といったメリットがあります。

ただし、ドルコスト平均法は価格が上下に変動する場合には有効ですが、相場が一方向に動き続けた場合は有効ではありません。だから、そうゆうリスクがある短期での決済は正直成果は出にくくなります。

投資は「焦らず、長い目で育てる」ということ!

相場は私たち初心者が考えているよりものすごく大きな市場で動いているので、経験上1〜3年くらいの期間だと正直成果が出ないことがある(初め慣れてない時は焦って損切りして後悔したことがあります;)。なので、はじめは損しても後悔しない金額で始めた方が賢いと思います。欲ばってしまうと、チャンスを見失うので、そこは自分自身とよく相談して投資をしましょう。

投資信託取引は、元本や利益が保証された金融商品ではありません。相場の変動による価格変動により、元本割れなどの損失が発生する場合があります。当サイトでの情報はあくまで投資に取り組むための一般的な教育上の情報提供であり、利益をお約束する内容ではありません。当記事の情報を参考に投資を行った損失について、当サイトは一切の責任を負いません。