ビジネスを効率的に!LINE公式アカウントの作り方

2021 年 3 月 30 日

現在LINEは個人のコミュニケーションツールだけじゃなくて、企業やクリエーターの公式窓口ツールとしても利用させるようになった。今日はその公式アカウントについてカンタンに説明してみました。

下記オンラインレッスン についてのラインナップを紹介してます。併せてチェックしてね!

LINE公式アカウントとは?

我々は日頃「LINE」というアプリを使って連絡を取り合っていますね。今では生活になくてはならないツールになっています。しかし、ビジネスとして使いたい法人にとって、イチ個人名で拡散するとちょっとプライバシーの問題とかで抵抗がかなりあります。

そこで、これまでのLINEと同じように使えて、尚且つビジネスに役立ついろんなコンテンツを実装できる機能を供えたのがLINE公式アカウントのアプリなのです。

基本、配信数やフォロワーの制約があったりするのですが、とにかく基本は無料で使えるのでお得です。自動的に有料になったらどうしよう。。。と不安になるかもしれませんので、後ほどその仕組みも説明します。

LINE公式アカウントのメリット

普段個人でやっているLINEのような、メッセージのやり取り(「チャット機能」)は同じですが、それに加え、

 

  • 予約・絞り込み配信ができる
  • メッセージの予約・絞り込み配信ができる
  • 自動でお客様からの問い合わせに応答する機能がある
  • デジタルでクーポンやポイントカードを発行できる
  • Webページっぽくアレンジできる(「リッチ機能」)
  • 顧客を分類できる
  • データ分析ができる
  • LINEが新しい機能を勝手に提供してくれる(ありがたい!)
  • パソコン版・スマホのアプリ版の両方使いできる

このように、集客・収益化に役立つコンテンツがたくさん実装できるんです。なんと!これらが全部無料で使えるんです!
これまで、メルマガやDM広告など印刷物に手間とお金を使わずに空いた時間でサクッと効率良く配信できちゃうのが良いところですよね!

LINE公式アカウントのデメリット

僕個人的にはこのアプリについてメリットしか感じていませんが、敢えてデメリットを挙げるなら、

  • 設定がちょっと難しい(ややこしい;)
  • 作っただけではお客さんは増えない(当たり前か;)
  • 顧客の投げかけに対して自動応答がうまく返事してくれないことがある
  • 整理していないと作ったプログラムが後でわからなくなる
  • 無料プランには制限がある

最後の「無料プランには制限がある」とは、この無料プランは毎月何回でもメッセージ配信しても良いのですが、1ヶ月の配信数が1,000通までと決まっているため、無料プランのまま1,000通以上を配信する場合、1,001通目からは配信できていないことになるんです。

<例えば> 毎月2回広告を配信:フォロワーが502人 の場合
502人×2回=1,004通(1ヶ月あたり) ➡︎「4通」が送れていない事になる

毎月1回広告を配信:フォロワー数1,004人 の場合
1,004人×1回=1,004通(1ヶ月あたり) ➡︎「4通」が送れていない事になる

LINE公式アカウントを作ってみよう

初期登録

以上を踏まえた上で、さっそく使い始めるために新規作成の説明に入ります。まずは以下のイメージから入って初期登録orアプリダウンロードを完了させましょう。

<パソコン版>

<スマホアプリ版>

 

あいさつメッセージ

顧客が初めて登録(「友だち追加」)してくれた時に1度だけ表示されるメッセージを設定しておきます。

 

AI応答メッセージ

自動応答メッセージの機能を設定します。業種に合わせたテンプレートがあらかじめ用意されていますが、返答が不自然になるので、アレンジしていきましょう。

 

応答メッセージ

あるキーワードに対して反応して、メッセージを自動配信する機能です。「キーワード」と「返信する内容の文章」を作っておきましょう。

 

メッセージ配信

通常イベントや新商品発売の報告をする際によく使う一斉配信機能

まとめ

以上が基本的なLINE公式アカウントの概要でした。新しいアプリでわかるまでには時間がかかると思いますが、慣れてくると自分でできるようになりますので、安心してくださいね。

ポイントは「読み手の気持ちになって作文する」ことが重要です。

もしわからないことがあれば、オンラインレッスン も開講していますので、お気軽にご参加ください。

今回紹介したビジネスに役立つLINE公式アカウントの運用講座を開催しています。下の写真から申し込みができます

上田アータオのLINE公式アカウントでお悩み相談