Introduction/自己紹介/自己簡介

上田アータオ

広島県出身。パーソナルメンター/ファイナンシャルプランナー/Webクリエーター/絵本クリエーター。

こんにちは。上田アータオです。

Web・ITの進歩は凄まじいスピードで、一人の力では全てを把握することが大変な時代になりました。皆さんのビジネスの現場でもそれは感じておられると思います。

私のコンセプトはただプログラムを作って納品することだけではなく、皆さんにも同じようにやっていただくこと。それは今、”自分で何でもできる”時流になっているから。そうすることでITを体感できる喜びを感じていただきたいと思い、各種レッスンを開催しています。 人は皆「その瞬間」を生きていると言われています。実際は過去の経験を基に「今」を決断し前に進んでいるように感じます。人生はそれらの積み重ねで、毎日たくさんの要素で「本来自分は何を求めているのか?」を見失ってしまうことが多々あります。自分一人では難しい軌道修正。でも、誰かのアドバイスで救われます。
一気に理想の自分になることは難しい。でも、一歩づつ前に踏み出せる後押しがあると少し心強いとは思いませんか?そんな頑張る皆さんにお役に立ちたいと思っています。

-貴方のとってその一瞬が最高の人生になるように-

「人生とは、何か」を探求していく中で、紆余曲折した人生の中で”「充実していると感じる」ことが何よりも大切なのではないか”と思い、自分自身に興味のある金融経済・IT・アートなどの学問を探求し、紹介していくことで喜んでくださるみなさんのためになれる!と感じ、「人生創造アドバイザー」というアイコンで活動を始める。


幼少の頃より、絵を描くことが好きな父の存在や手先が器用な母のクラフト作品に影響を受けて育つ。

大学卒業後、会社員を勤めていたが、「あること」がきっかけで会社を辞めることになる。
その時の辛かった経験を将来の子供たちの役に立てたいと、自身の娘をはじめ子どもたちに絵本を使ってメッセージを届けていきたいと思う。

「あること」とは

以前働いていた会社で私はモラハラ・パワハラを日常的に受けていました。
上司先輩の失敗は全て私の責任と言われるほどで、あの当時は日々、極度の恐怖を感じながら生きていました。
自分の立場しか重視しない、社員を人として扱わない職場から、私は人として本来大切にしなければいけないことに気付かされ、そのことを子どもたちにも伝わりやすいようにと、絵本製作をはじめました。趣味は食べること。

・主な経歴は こちら

Amazon.co.jp <外部リンク>

絵本「たらこくちびるになったワニくん」ってどんな内容?<外部リンクへ>

上田阿桃

來自日本廣島。
「活了30年,這是第一次為自己做的最大決定,終於不再為別人而是為自己,
因為寶寶給我巨大無比的勇氣。」
從上班族時代開始就飽受公司及上司的折磨,導致憂鬱症爆發而有段時間走不出來,
卻因為期待已久終於到來的寶寶而鼓起勇氣,挑戰親自畫繪本傳達最想告訴寶寶的話。
「工作中難免會遇到不平等的對待,因為這樣我覺得很孤單,
身邊從未出現過像繪本裡溫暖般的朋友。」
自從來台灣環島後,感受到台灣人的熱情。
心裡覺得很「溫暖」,也有了創造動物園繪本的動力!
用最原始的手繪方式彩繪「PupupuZoo-絵本の中の動物園」
傳遞爸爸想對寶寶甜甜圈的訊息。

>>> 繪本 和我做朋友好嗎? 網站購物
>>> 繪本的故事是怎麽内容?

UEDA ATAO

Born in Hiroshima, Japan
I had been experiencing serious workplace bullying when I was working in Japan,
I felt no one need me and feld depression.
But when I visitedTaiwan, the people living here welcomed me and gave me courage.
I would like to tell the story to my baby, that’s why I started drawing the picture book.

>>> What is ” Would you be my friend” ?